持続性が長いジェルタイプ

鳩

自分で行う鳩対策法として、おすすめなのがジェルタイプの忌避剤です。ジェルタイプの忌避剤は効果が約1年と長く続く為、何回も対策を行う手間暇がありません。鳩は様々な感染症など健康被害の原因となるので、ベランダなどに住み着いたら、早めに対策を行いましょう。

種類を見分け対処する

散布作業者

特に人への被害が多い蜂がスズメバチ・アシナガバチ・ミツバチの3種類で、それぞれに特徴があります。自宅で蜂の巣を見つけたら、できるだけ早めに駆除しましょう。蜂の種類が分かると、駆除方法の決定に役立ちます。

巣が大きくなる前に

ハチ

家に巣をつくられてしまうケースもあるハチですが、退治は困難となっています。自分で巣を落とすこともできる場合がありますが、それには危険も伴うので、業者に任せることも大切です。

駆除の方法や時期

コウモリ

匂いや音波で

コウモリは、環境に柔軟に対応できる生物なので、緑の多い地域にも都会にも生息しています。その分、騒音や糞による被害に困っている人は多く、コウモリ駆除は全国でさかんにおこなわれています。コウモリ駆除の方法は数多くありますが、特に人気があるのは、殺虫剤や蚊取り線香を使ったコウモリ駆除です。コウモリは臆病な生物なので、自然界には存在しない匂いを察知すると、恐怖心からそこには近づかなくなるのです。また、コウモリは音波を発することで障害物の有無を確認して飛んでいます。そのため強力な磁石あるいは超音波発生機器を設置しておくと、音波が乱れることを嫌って逃げていきます。いずれも、手軽にコウモリ駆除ができることから、多くの場所で活用されています。

コウモリの活動期

コウモリは、寒くなる11月頃から冬眠を始めます。冬眠から目覚めるのは翌年の3月頃なので、その間はコウモリ被害は、ほとんど発生することがありません。逆に目覚めてからは、冬眠による飢えを解消するために、活発に餌を探し回るようになります。そのため春先には、特にコウモリ被害が発生しやすくなります。また繁殖時期となる6〜7月頃には、出産や子育てに適した場所も探すようになります。住宅内に侵入してくることもあるので、コウモリ駆除はこの時期には特にしっかりとおこなっておくことが大事と言えます。コウモリは比較的長寿で、10年ほど生きることもあります。住み着かれた場合には、被害が長期化する可能性が高いので、住宅付近で見かけた場合は早めにコウモリ駆除を開始することが肝心です。

Copyright © 2017 コウモリ被害に困っているなら業者に連絡!コウモリ駆除のプロがいる All Rights Reserved.